心療内科 横浜

心療内科 横浜
動きを引き出すコツ(身体の最大の動きとは)
横浜 自己開発センター 
執筆年2007年
                   

★ 今回のテーマ

今回のテーマは、最大可動域についてです。

最大という言葉には、さまざまな意味合いがあります。

そこで、 今回はこの最大の基本について、簡単にお話ししていきます。
この最大という言葉の意味を間違えて行うと、 間違った結果が出てくるからです。  

当たり前ですが、現実の中にはいると忘れてしまうこと

「今日は、おめでたい日なので、 食べられるだけ、いっぱい食べましょう」といわれて、 自分の食べられる最大まで食べると、 二つの結果が現れます。 例えば、食べた後で、 「ああ、食べた食べた、満足した」という体験と 気持ち悪くなり、お腹をこわしてしまうほど食べてしまう体験があります。 ここでの”最大”という意味合いは、 基本的に、後味の悪さのない最大の大きさです。

今回は、最大ということについて 身体の動きの最大可動域をみていきます。 ここで、最大可動域とは、動ける最大の大きさです。 もうひとつの見方をすると、 無理でない範囲の最大の大きさということになります。 (無理の手前ということになります) (ここでの最大に動く例は、  心や生活、人生にも活用できるものです)  

★ 身体の動きと最大可動域…………体の動き   

身体の最大可動域をみるときの基本は、二つあります。

それは、心(心理面)と体(生理面)の最大に動ける範囲です。 (身体的な面と心理的な面の無理をしないことです)

・ひとつ目は、心理的にムリと感じる身体の最大可動域です。
ポイントとして、不安を感じる手前のところまで動かします。
身体感覚に対して、気にしやすい人は、早めに最大可動域が現れます。
また、心身のアンバランスのある方が行うときに、大切にするものです。

・もうひとつは、身体的、生理的な最大可動域です。
体の筋を痛めたり、体を痛める手前の範囲まで、 体を曲げたり動くようにします。
身体を曲げたりしたときに、不快な痛みなどの異常感が現れれば、 その手前までが最大可動域となります。 この身体的、生理的な最大可動域以上には、 絶対に動かないことです。

ポイントとして、 不快な異常感があれば、 心理面からのものであっても身体的な問題であっても、 その異常感のない範囲で最大に動かします。

★ ポイント 

ここで述べている身体からみる最大の大きさとは、 当センターでちょっと体験していない方は、実感できにくいかもしれません。 ただし、 落ち着いている方や身体をよく動かしている方は、 実感できるものです。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科