心療内科 横浜

心療内科 横浜

呼吸の隙間の応用(自己暗示)
横浜 心療内科 精神科 自己開発センター 執筆年2007年              


★今回のテーマ
 

呼吸に関するテーマが何度かつづいています。  今回も、呼吸に関するテーマです。
今回は、とくに前回の応用として、呼吸と自己暗示法です。

★呼吸と自己暗示

人は、アッと息をのむとき、 その瞬間に自己暗示が入りやすくなります。 アッと息をのむときに、心の防衛がほどけるからです。  これは、 息をのんだ瞬間、日常生活の中のさまざまな意識は消えます。 さらに、 呼吸は止まることで、さらに深い意識の集中が起こります。 心を変化させたいとき、 私たちは、この止息の呼吸法を活用できます。 自己暗示とは,一種の集中です。 そのため、 あなたが、自己暗示をしたいとき、 この止息の特性を活用すればいいわけです。 やり方は、 例えば、失敗のつづく人が、 ”うまくいく”と言葉を唱えるときです。

1.まず、少し長めの呼吸を数回行い、心を整えます。

2.息を吸います 息を吸いきると,息は止まります。

3.体の力を抜く、その息を止めます。この瞬間に肩や脳天の力を抜きます。
(この状態をちょっと保ちます)

4.息の止まっている瞬間に暗示を入れます。
肩の力を抜いた瞬間に、”うまくいく”という言葉を唱えます。

5.息を吐き出し、その後に息を整えます。

★ポイント

このやり方は、特別な呼吸法によるやり方ですから、 誰でもやってよいという方法ではありません。 ここで、 おとなしい人、呼吸の弱い人、気持ちの弱い人を、陰タイプといいます。 この陰タイプの人向けの呼吸と自己暗示の活用法です。  

あせりやすい人や高ぶりやすい人、重心の上がりやすい人などは、 陽タイプといいます。 この陽タイプの方については、専門的な指導者の元で行ってください。

★参考に

ここでの呼吸は、自律神経の中の交感神経を使います。 この交感神経を高めることで、心を変えます。 そのため、この呼吸による”心のスイッチ”の切り替えは、 副交感神経の高い人ほど、効果的にバランスがとれます。 ここで、あなたが、交感神経が高まり気味であれば、 この呼吸を行った後に、 かならず、行っていただくことがあります。 それは、気持ちを落ち着け、ゆったりした呼吸を4〜5回行うことです。 とくに吐く息を大切にすることです。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科