心療内科 横浜

心療内科 横浜
不安や焦りと呼吸の応用
横浜 自己開発センター 執筆年2007年              


★今回のテーマ
 

呼吸は、心の働きと相互に関わりを持っています。 そのため、呼吸を変えることで心を変えることができます。 呼吸について学んでいきますと、その呼吸の奥は深いですね。 今回も、呼吸の応用です

★不安と呼吸 

呼吸が浅くなりますと、 人は、焦りや雑念が多くなったり、 不安が起こりやすくなります。 そして、呼吸が深くなりますと、 それまでの不安などは少なくなるか、消えてしまいます。 今回の具体的なテーマは、不安などを変えるための方法です。

★不安感のある人のための呼吸法  

呼吸が浅いときの原因のひとつは、 吐く息が、生理的、心理的にできにくいためです。 そこで、今回はひとつの方法として、 吐く息を深く(とりあえず長くと考えてください)するための方法を 以下に簡単に記しておきます。 やりかたは、 まず、イスか床や畳の上に正座します。

@.最初に現在の呼吸をみておきます
呼吸を数回行い、現在の息の吐きやすさをみておきます。

A.少し長めの呼吸を数回行い、心を整えます。

B.息を吐ききります   息を吐ききりますと、その息は止まります。

C.さらに息を吐きます そのまま息を吸わず、お腹の息をもう少し吐きます。

D.そのまま息を止めます(3〜6秒間くらい) 息を止めたときに、頭の力みを抜きます (排便したときに脳天の力みを抜くように)

E.その後、止めていた力を急激に抜きます。
あなたが息を止めていて、パッと 力を抜きますと、息は急激に体に入ってきます。
呼吸がととのうまで待ちます。  

・ここでの体験の1から6までを数回行います。
再度呼吸を行い、最初の呼吸のしやすさを思いだし、現在とその呼吸のしやすさをくらべてみます。 結果、呼吸は、最初よりしやすくなり、長くなります。

★ポイント

この呼吸を行いますと、呼吸が浅いために起こる不安は軽くなります。 ばくぜんとした原因のハッキリしない不安は、これで楽になります。 ただし、十分に対処するには、真に呼吸を深くすることです。 それには、 全身を伸ばし、ほぐしていくことが必要です。 (とくに関節部分が呼吸に関連していますから、十分に伸ばし、ほぐします) さらに、不安の原因が生活の中に、あるいは人生の中にあるのであれば、 それを解決していくことです。 この対処法は、先になってから解説したいと思います。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科