心療内科 横浜

心療内科 横浜
2つの時間
横浜 自己開発センター 執筆年2007年              


★今回のテーマ
 

日常生活の中で、時間はよく使うものです。例えば、12時ですから、食事にしようとか、友達と待ち合わせの時間は、3時だから急ごうなど、 時間は、人が社会生活を便利にするなどのためにつくった一種の智恵です。一般には、二つの時間の考え方があります。 今回のテーマは、この二つの時間についてです。 (今回は、実践的な時間の活かし方の準備です)

★二つの時間について 

世の中の時間は、二つあります。 ひとつめの時間は、 過去から現在、現在から未来と直線的につづく時間の考え方です。 今年30才になる人は、来年31才になり、その次の年に32才となり…………と、年をだんだんと経へていく時間をみるときです。

また、一生からみれば、 ハレの日として、七五三とか二十歳の祝い、米寿の祝いなどは、 この直線上のお祝いの日であり、 脱皮する日、ターニングポイントとなる日になります。 この時間の考え方は、 世界は一度始まったら、二度と元にはもどりません。一回限りの直線の時間軸の上にある世界観です。

二つめの時間の考え方は、 たとえば、1年を1サイクルにして、 毎年同じ時間をくり返すという考え方です。 草木は、 春に花が咲き、夏に実がなり、秋に葉が色づいて、 冬に次の準備をします。 このような植物の一年の変化を農業などは活かします。 つまり、 農業などは、春夏秋冬の1年の時間サイクルで作業をします。 この時間は、 円の上をグルグル回るように、 始まり、終わるとまた始まることがくり返されていく時間です。

これまでメルマガで登場した祭や正月、誕生日などの ハレの日も、1年サイクルの時間軸に相当します。 このサイクルの時間の考え方は、 ヨーロッパの文明が全世界にひろがるまで よく使われていた時間の考え方です。

★ポイント  

あなたが、ここで述べた二つの時間軸の特長をうまく活かすと、 あなたの納得した時間となります。

★参考に

参考的にいえば、当センターでの時間は、 直線的な時間と円的な時間の組合わさった時間で、 スパイラル時間の考え方をしていきます。


電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科