心療内科 横浜

心療内科 横浜
将来の不安
横浜 自己開発センター 執筆年2007年              


★今回のテーマ
 

人は将来が不安になるときがあります。 今回のテーマは、この先の不安についてみてみます。

★お母さんのようになりたくない、でも……  

将来の不安とは、自分にとって不都合であるとか、 満足できないもののあるときに起こりやすくなります。  25才になるNNさんは、 不安で会社に行くことがつらいということでおいでになりました。 前回登場したMIさんと同様に、軽いトランス状態に入ってもらい、 未来のベクトルの中の55才に焦点を合わせます。 (55才になった時の自分の姿や場面を浮かぶ体験をしてもらいました)

そこにあらわれた場面は、 狭い台所にあるテーブルに、髪振り乱し、 ジッと座っている自分の姿でした。 そのテーブルに座っているNNさんは、 寂しいし、気持ちの乱れた不快な感じです。

その時の彼女の姿は、現在のお母さんの姿でもありました。 彼女の人生の向き(ベクトル)は、 お母さんと同じ姿になるような人生のベクトル方向です。 何度か、同じ体験を続けると、 彼女は、会社に行くことがなんとなく楽になってきました。 さらに、 彼女は、体験の中のお母さんの姿を見て、 お母さんを拒否していたことを気づきました。

彼女は、母親の生き方を拒否しながら、 母親と同じベクトルの方向に人生を歩んでいたようです。

その後も、彼女は、 意志的、意識的にこの55才頃の自分の姿をみました。 この体験を続けているうちに、 彼女の不安は、自然に消えてきました。

★ポイント  

人は、将来困ったことになると思うことがあれば、 不安になります。その困ったことが、ばくぜんとしていると、 なぜ不安かよくわからないこともあります。その結果、不安症状を大きくすることがあります。そんなとき、心身の安心感をつくりつつ、 将来の不安となるものを意識的意志的にみてみることです。みているだけで、心が変わります。その理由は、体や心の働きの基本は、生物的にみれば、不安や不快さから遠ざかろうとする働きを持っているからです。この働きを働かせることが、今回の内容のポイントです。


電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科