心療内科 横浜

心療内科 横浜
貧乏揺すりの効用:落ち着かないとき
横浜 自己開発センター 執筆年2006年              


★ 電車の中で貧乏揺すり  

空いた電車に乗ると、座席で、膝をゆすっている方が、たまにいらっしゃいます。 なんとなく落ち着かないようすがありありです。 貧乏揺すりをしているんですね。

この貧乏揺すりは、 心理療法や自己開発に活かそうとすると 活かせるんですね。
今回は、そのうちのひとつの例です。

★ 貧乏揺すりをすると楽になる

知人のTTさんと久しぶりに会い、 喫茶店で話していると、 彼の膝が上下にわずかに動いています。 貧乏揺すりです。

本人曰く「最近、落ち着かない」とのこと。

彼は、最近、どこでも貧乏揺すりがあり、気になっているとのこと。彼曰く、 「いつのまにか貧乏揺すりをしていて、気になるけれど、止めるとかえって落ち着かない」 とのこと。

私が「気にしないで、私の前では、そのまま動いていいよ」 と話すと、貧乏揺すりは小さくなりました。 彼は、「そういってくれると、気分的に少し楽かな」 というので、それじゃ、「ちょっと体験してしてみるか?」 と聞くと、 彼は、「いいよ」とのこと。

そこで彼に、膝の上下に動く、貧乏揺すりを 意識的に数分間続けてもらいました。 こんな時、人は、貧乏揺すりを、 意識的に行っても、器用に出来るんですね。 この意識的な動きの後、 彼の貧乏揺すりは、消えていました。 気分も、楽になってきたようです。

その直後に、 彼は、これまで自分自身のことをあまり話さなかったのですが、今回は、仕事上の困った問題を話してくれました。 別れ際に,彼は、 「今日は、ありがとうとう」なんて言葉をはじめて口にしてくれました。

★ 呼び水とする

意識的に貧乏揺すりを行うことは、 実は心身の変化をさせる呼び水となります。彼の場合も、貧乏揺すりが、心をやわらげ、ほどく呼び水となっています。そして、結果として、彼の貧乏揺すりは、消えました。

心理療法では、 今ここに、この貧乏揺すりを無くしてよいかどうかは、その方の状態によります。 (また、癒しなのか、症状解消なのか、自己開発なのか、その他、 その目的によって呼び水となる場合とならない場合があります)

★ ポイント……貧乏揺すりと呼び水について

貧乏揺すりなどの体から出てくる働きは、 生体にとって必要があって起こります。 バランスをとろうとして、 体から起こる動きともいえます。 もし貧乏揺すりの起こったときは、 意識的に、その貧乏揺すりを行っていると、 一般に、その動きはだんだんに静まります。

その時に、心が静まってきていることを だれでも体験できます。 ただし、出来る場所を選んで行いましょう。 (この貧乏揺すりは、ひとつの呼び水です) 行うときの注意は、 意志的、意識的に行うことです。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科