心療内科 横浜

心療内科 横浜
のびやかな動きは、頭の働きをよくする
横浜 自己開発センター 執筆年2006年              


★ お正月に、みなさんはどう過ごしていますか 

お正月の元旦から三日間、寝正月やこたつに座りっぱなしの生活を続けると、体はだるくなったり、足腰などが動きにくくなります。頭がボーッとして働きにくくなり、とっさのことに対応できにくくなったりします。そのときは、頭の血行や神経の働きが悪くなり、 頭の働き全体も悪くなっています。

★ 体を動かすと脳も働く

脳に占める運動野の領域は広いため、体を動かしているかいないかは、脳に大きな影響を与えます。とくに伸筋は、頭の覚醒に関連しています。

頭がボーッとしている時、 アクビで頭がすっきりするのはこの伸筋を伸ばすためです。(参考に:伸筋とは、身体を伸ばすときに使う筋です)  

悩みにはまり込んでいる時に伸筋を中心とした体を動かすと、頭や体の神経細胞全体の働きをよくします。その結果として、頭もよく働くようになり、心理精神面での気づく能力が高まりやすくなります。  

これまで、体を動かさなかった人ほど、 動くことで、その効果(頭の働き)は大きく現れます。

座り仕事で、一日中動かない人や、 悩みなどを持ち、家からあまり出ない、出られない人も、 同じです。 そんなとき、チョット散歩をするだけでも、 頭の働きや気分は違ってきます。

伸びやかな動きをしている人は、 一般に頭の働き(生きる知恵)も高くなり、心の悩みも少ないのです。

★ 止まった頭を動かすために 

体の動くことが少なく、頭の働きが鈍くなっていれば、まず体を伸ばすように動かすことです。 例えば、まずは簡単な前屈やアクビなど、あるいはストレッチ体操やヨガのポーズなどで伸筋を伸ばすと、 頭の働き、動きはよくなります。

この時の大切なコツは、のびやかに動くことです。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科