心療内科 横浜

心療内科 横浜
ため息の効用:ストレスを軽くするコツ
横浜 自己開発センター 執筆年2007年              


★ ため息してますか 

困ったなーと考えているとき、みなさんは、ため息なんかしませんか。
今回は、このため息についてです。

★ ため息は、スイッチ

人は、困ったとき、頑張った後に, フーッと息をつきます。 ストレスの多い人、頑張っている人に, 多い呼吸ですね。

みなさんの日常生活の中の呼吸は、どんな呼吸ですか?

頑張りすぎている人は、 この呼吸をすることで、 心の中のストレスのエネルギーを 解消しています。  

悩みの多い人の呼吸は どうなっているでしょう。

実は、人が悩みを持つとは、その悩みと、いつも一生懸命に戦っていますから、 悩むこと自体が、ストレスなんですね。 人は、何もしていなくても、心の葛藤など悩みを持てば、 仕事を頑張ってやっていることと同じなんですね。

人の本来持っている心身の特性は、ストレスがたまれば、息が詰まりやすくなり、その詰まった後に、ため息をするようになっています。 ため息は、ストレスからみれば、そのストレスのエネルギーを 外に出してしまうために行う自然運動です。

また、ため息は、 心身を変えるスイッチにもなります。

★ ため息のやり方 

ストレスをため込んでいる人で、ため息を人は、最近、少ないですね。 (当センターにおいでになる方々をみていて)

ストレスがたまったり、頑張りすぎたときは、せっかく持っている”ため息特性(能力です)”を使いませんか?  

ただし、このため息呼吸を行うときに、コツがあります。それは、意志的、意識的に行うことです。あるいは、半意識的に行うことです。

それは、ため息を意志的な自己制御の中に、これは、社会生活をする上でも、自己制御が必要だからです。

★ ポイント1

ため息の呼吸法のやり方にコツがあります。 そのコツは、 ひとつめに意識して行うことです。 ふたつめに、トイレやお風呂の中で 一人になったときに行うことです。

★ ポイント2

人の体で起こるさまざまな現象は、一般に不快なものであっても、何かを変えようとしています。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科