心療内科 横浜

心療内科 横浜
不快さや悩みをつくるメカニズムと呼吸(トラウマを含め)
横浜 自己開発センター 執筆年2007年              

★今回のテーマ

私たちの日常生活の中でよくある体験を通じて、 心の引っかかりや悩みのできる ひとつのメカニズムの例をみてみましょう。 今回は、呼吸からみる例です。

★ Mさんの不快な体験が心に残るとき 

ここでは、Mさんの体験を通じてみてみます。
Mさんは、電車の中で、 「足を踏まれ、不快感が起こった」と話していました。

Mさんが、痛いと思った瞬間、
次のようなものがセットになり、 記憶する倉庫(脳や身体に記録される)にしまい込まれます。

0.キッカケとなる体験 * 電車の中で、足を踏まれる

1.呼吸の「間」(止まった瞬間)をつくる * 人は、足を踏まれて、「イタッ」と感じたときと、その踏まれたところに,意識を集中し、反射的に瞬間の「アッ」とか、「イタッ」などの止まる呼吸、つまり「間」をつくります。       
        ↓
2.不快感情が「間」の中で、心の奥に記録される * 相手をにらんで「嫌なヤツ」と思うときに、”痛さなどの身体感覚”や”不快さなどの気分”を感じ、思うことが心の奥に記録されます。 (「痛い」、「不快」、「嫌な奴の表情」などの感情やイメージを心に記録します)
 
整理すれば、この意識(この場合は不快感情の意識)と止まる呼吸の二つが、セットになり、心の奥の倉庫に記憶されます。そのため、同様な場面や似た場面に出会うと、実際に足を踏まれていなくても、同じ呼吸や意識が出てきます。

★ ポイント

ここで言う呼吸は、前回お話ししたように、活用的な面から言えば、武道、落語、催眠法も、人間関係までも  この「間」が、ポイントです。この「間」は、人の心(体)の中に,  刺激や情報の入りやすい時間帯というか、状態だと言うお話しも、前回いたしました。

今回のテーマからみると、心のカベ、人生のカベにもなります。
例えば、今回のテーマから言えば、トラウマ等や悩みなども、この間が関係しています。なぜなら、この間が,潜在意識に信号の入り込む窓だからです。

このような、潜在意識の窓となる「間」は、  うまく活用したいですね。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科