心療内科 横浜

心療内科 横浜
動きを引き出すコツ(求める心を気づくこと)
横浜 自己開発センター 執筆年2007年                                 

★今回のテーマ

求める心に気づくこと

▼変化すること………”心や頭の動き”の起こるところ  

☆ 違ったことを行う  

人は、同じことのくり返しに慣れると心や体、生活の中に 飽きが現れます。このとき、人の心や頭の動きは止まっています。つまり、条件反射になり、 とくべつに心や頭を使わなくともできるようになっています。 こんなとき、 これまでとは異なる体(心)の動きや生活をしてみると、 よき緊張やくつろぎが起こり(いつもの神経の使い方と 異なるため)、 不快な疲れは取れてきます。 さらに、心や頭も動き出します。  

☆ 続けていたものを変えること………異なる体の動きや生活  

座ったままで長時間の作業をした後、手を伸ばし、のびを行うと、 気持ちの良いものです。 その伸びも4〜5回続けて行うと、 気分は、ほとんど何も感じなくなります。 この時に、脚を伸ばして座ってみると(前屈などをすればさらに) 気持ちの良いものです。  

日常生活の中でも同様なことがあります。 通勤通学の行き帰りに、いつも同じ道を歩いていた人が、 久しぶりに別の道を歩くと、 町並みの違いで、お店や看板が異なり、 行きかう人に対していつもと違う感じがあり、新鮮な感じがしてきます。とくに会社帰りに、異なる道を歩くと、 ささやかな別の世界を体験し、会社での疲れが取れることがあります。これによって、心や頭も動き出します。  

生活がつまらない、ストレスが多いなどと感じる方は、 変化が必要です。
あなたにとってのいつもと違う体験は、 どんなことですか。 久しぶりに、喫茶店に入り、ボーッとする、 たまに、自然に触れるために山や高原にいってみるなど。 もし、ちょっとストレスが大きいなと思ったら、 今日、あるいは今月、 いつもと違ったちょっと大きな体験をしてみませんか。例えば、海外に行ったことのない人は、海外旅行をしてみるなど。 真面目な方の夜遊びなどもたまにはいいものですよ。  

☆ 心や頭の働くためのポイント  

止まっている心や頭を動かすポイントは、 場などを変化させる事です。人間は、環境や内面に対して変化を求めます。 この変化は、生命現象の現れでもあります。 また、存在の元にあるものでもあります。  明日は、いつもと違ったことをしてみませんか。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科