心療内科 横浜

心療内科 横浜
動きを引き出すコツ(求める心から引き出す)
横浜 自己開発センター 執筆年2007年                                 

★ 今回のテーマ

わたしたちは、お腹がすけば、食事をとりたくなり、 あるいは、その食事の行動を起こします。 また、人は、この満たされていないことを自覚するほど、強くそのための方法を考え、行動しようとします。 さらに、満たされないことが過剰になると、一時的に思考や行動の止まることがあります(抑圧することで)。

しかし、時間を長くしてみれば、 満たそうとする行動や思考が、同じようにあらわれます。 今回のテーマは、この”満たそうとすること”から、動きを引き出すことです。

★ 満たそうとして、創造的な行動を起こしてしまう例  

ここで、恋愛を例に例えれば、 好きな人があらわれ、関わりたい、つながりたいと思うが、その思いが満たされないとき、 そのためのさまざまな方法を考えつき、行動を起こします。 このようなとき、人は、非常に創造的であり、びっくりする行動も起こせます。

★ 意志的に求める心をつくる例  

社会的な成功のためにやる気を起こし、それを持続するコツが、さまざまあります。 ここで、ちょっとはっきりしませんが、 アメリカのカーネギーホールをつくったカーネギーだったと思いますが、 彼は、若い頃、高級なレストランで、 意志的に、最も安いものを選んで食べていたそうです。 レストランでまわりを見わたせば、値段の高い料理を食べている人もいます。人は、このような場を何度もつくれば、 将来もっと値段の高い食事をとりたいという欲求が、自然に起こります。

つまり、その時は、満たされない心が,つくられます。 満たされなければ、結果として欲求が起こり、 行動は起こりやすくなります。 そして、心が満たされるまで、つまり目的が達成されるまで、 やる気を起こす思考や行動のエネルギーはつづきます。人の満たそうとする思考や行動のエネルギーを活用するわけです。もし、あなたが、行動を起こしたければ、 この満たされない心を活用すれば、満たされるまで行動がつづきますよ。

★ ポイント

人は、求める動きをすることで、心身が満たされると、 心や体の安定度やバランス力が高まります。つまり、満たされることで、その欲求がなくなってきます。

ここで、注意点があります。 それは、ここでの方法は、 心のいやしの必要な方は、無理にこの方法をとらないでください。 当たり前のことですが、ストレスが一時的に大きくなります。 どうしても、この方法以外にないと考える方は、 援助者やカウンセラー、及び心理療法家などが必要です。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科