心療内科 横浜

心療内科 横浜
動きを引き出すコツ(本音)
横浜 自己開発センター 執筆年2007年                                 

★ 今回のテーマ   

今回より、数回にわたって、悩みや問題などの困ったことの中に”本音があり”、”動くコツがある”という内容です。今回は、その内容の中で、とくに”変なこと”がテーマです。

★ 真夏に汗をかいている時の本音  

真夏の暑い日に、繁華街の中で、汗びっしょりの人が、”衣服を全て脱いでしまったら” それを見たあなたは、どう思いますか。 たぶん、 あなたは、その人を”変な人”とみるでしょう。

この”変な”という特別な状態の中に大切なことがあります。 (物理や化学の研究と同じで、特殊なところに新発見がありますが、ちょっとオーバーに) その大切なことは、 衣服を脱いだ人の心の中に”衣服を脱ぎたい”という本音があります。衣服を脱いだ人は、その本音を現実の形にしています。 (場に合うか合わないかの問題がありますが)

この本音は、純粋に表面に現れると、 動くための最も自然な動きやエネルギーが現れます。(この例は、次回以降のメルマ ガで取り上げます) もし、周りに全く人がいなければ、 一般の人でも、汗びっしょりの衣服を脱ぎ捨てたら、 気持ちがいいですね。 制約された衣服を脱ぎ捨てて、走り回りたくなる人もいるかもしれません。  

★ 本音であれば、動きやすい  

人は、本音であれば、非常に動きやすく、その動きにパワーもでてきます。 (ここで言う本音とは、単に頭からの求めだけでなく、体の求めも含めた 全ての求めのことを言います)

ここで、自分や他人をみるとき、 こんな行為、行動するのは変じゃないかと思えることの中に、 本音が隠れています。さらに、 特別な行為と思われていることの中に、 あなたを動かし、変化させるコツがあります。人は、この特別な行為行動などを活かせれば、 頭や心、行動の動きは引き出されます。 その結果、心をほどき、いやすこと、 心の混乱を整えたり、元気にすること、 自信を付けること等ができます。

★ ポイント

次回から、 一般に 特別なこととみられる中に、 人の動く本質的なものをみて、 簡単な活用法もみていきます。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科