心療内科 横浜

心療内科 横浜
動きを引き出すコツ(いざという時の選択)
横浜 自己開発センター 執筆年2007年                                 

★ 今回のテーマ

人の生活は、選択の連続です。 その選択を、 うまくできていることがあります。 今回のテーマも、前回に引きつづいて、 選択するときについてです。  

★ メインとなるものを選ぶとき…………イザというとき 

イザというとき、 人は、メインテーマを自然に選んでいます。 (メインテーマとは、選択するときに、最も大切にすること) ここで、 食事をとるときを例にしてみてみます。

例えば、 人が、病気になり、体が衰弱したときです。 病気になって体が衰弱すれば、食事の取り方が大切になり、 食の本質的なテーマに沿った取り方をします。  

食べることのメインテーマ(本能的に最も大切なこと)は、
”生きるために、健康のために”などです。

人が、体の衰弱しているときに、 時間をとらないインスタント食品という選択よりも、 衰弱した体を整えるため、健康になるための食をとろうとします。

このように、 人は、イザという状態にあるとき、 最も大切なものを選ぶことができます。
あるいは、 人は、イザというときに、 その人なりのベターな選択を必ず行っています。
ですから、イザという状態は、 選択するときの大切なチャンスでもあります。

★ ポイント 

イザというときを感じる、あるいは反応する感受性は、 動物的なものに近いものです。
この感受性が鈍っていると、 結果として、いざという状態をわからなくなります。現代人は、この感受性の鈍っている人が増えています。そのための基本対策は、体を動かすことです。
人は、頭よりも、体を動かす方が、 イザという感受性は高まります。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科