心療内科 横浜

心療内科 横浜
動きを引き出すコツ(最後の選択法)
横浜 自己開発センター 執筆年2007年                                 

★ 今回のテーマ

人の生活は、選択の連続です。 人は、その選択の中で、 どれを選んでいいのかを どうしてもわからないときがあります。 今回は、 そんなときの最後の手段です。  

★ どうしてもわからないとき  

あなたが、友達あるいは恋人と食事に出かけ、 ラーメンを食べたらいいのか、 それとも日本料理を食べたらいいのかを 選択に迷ったときです。 どちらを選んでも、大きな問題がないときは、 ウインドウに並ぶ料理をみて、これがおいしそうと なんとなく決めてしまいます。 ところが、そんな簡単に決められないということもあります。 ここでは、 大切なことをどうしても決めなければならないときです。

例えば、 就職希望者や入学希望者が、新しい職業や会社、学校を選ぶとき、 どれを選んだらいいのか わからないときです。 どれを選ぶかなんて、余裕はない、 どこかに入社できればいいんだよという方も同様です。

そのときのポイントは、限りなく納得できる答えです。
あなたが、大切な選択の場面に直面したとします。
そのときに、まず行うことは、 選択する情報を 十分に調べ、 そして考えます。
さらに、他の人のアドバイスももらます。 考えつくした。 でも、選択のための答えが出てこない。 こんな時、どうしたらいいのでしょう。

この場合は、 答えを出すために手に入る情報や材料が、不十分であるか、 内なる意識の高まる時期でないためです。それでも、 あなたが、今すぐに答えや結論を出さなければならないとき、 一つのやり方があります。

★ 最後の一つのやり方 

ここでは、選択の方法に、 10円玉を使います。 (人により1円玉や100円玉のよい人がいますが、  ここでは、あまり深く考えずにいきます) ここで、まず、 設定の儀式を行います。 例えば、心の中で、 「10円玉を空投げ、表がでれば、Aを選び、 裏がでたらB選ぶ」と強く決めます(これを設定といいます)。 このやり方は、 理屈から言えば、 選択できないという問題を 物理や数学の確率の問題としてみます。

10円を空に投げてみてください。 そして、手のひらでそれを受け止めてください。 表がでたでしょうか、裏がでたでしょうか。 そこに出た答えの通りに行っても、 深く考えて出した答えも、それほど異なりません。 もちろん、 最終的に選択は、あなたの納得の中にあります。 そのために、 出てきた選択の答えに違和感があれば、 今度は、直感で決めます。

★ ポイント  

人は、ほとんどの場合、 不十分な材料(情報)の中で、選択しています。 (不十分でなければ、考えることなく選択しています) この不十分な情報の中で、選択するとき、 あなたは、万能の神さまではないので、 五分五分の中の選択であれば、 最後の選択の答えは、確率と直感の中にしかありません。 そこで、答えを10円玉の裏表で決める確率と 直感にまかせることです。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科