心療 内科 横浜

心療内科 横浜
動きを引き出すコツ(最大最小の法則と時間)
横浜 自己開発センター 執筆年2007年                                 

★ 今回のテーマ

今回のテーマは、最大に時間を使うことです。 人は時間を最大に使いますと、 知恵が働くようになります。 あるいは、必要なものを身につけることができるようになります。 さらに、自分を変えることもできるようになります。  

★ 頭と時間  

英語をマスターするのに最も確実な方法があります。 その方法は、イギリスやアメリカに行って生活することです。 アメリカなどで生活することは、毎日英語を使っていることになりますから。 英語を使うことに、 最大に時間をさくことになります。 幼児が英語の中で生活して、母国語を覚えるようにです。 英語を使う使わないというよりも、生活するために英語を使うからです。 つまり、 英語づけになるからです。  

★小学生に負けて、くやしがるMKさん  

人は、いろいろな悔しいことを体験します。 その体験の中には、ほほえましい悔しさなどがあります。 MKさんは、 小学生の息子に日本の山をいくつ言えるかの勝負をして、 負けて悔しがっていました。 これは、当たり前のことです。 なぜって、 MKさんの息子さんは、山が好きで、たくさんの絵本をいつも見ていましたから。

いつもやっていること、時間を割いていることに対して、 親だから、兄貴だから、上司だから…………、といっても、 やっぱり負けますね。

逆に言えば、 あなたが、時間を多く使っていることがあれば、 その時間を使っていない人より、 ベテランになったり、知っていたり、智恵が働くようになります。

ですから、 自分の人生の中で、最も大切にしたいものがあり、 それをわかりたい、知りたい、身につけたい、得たいものであれば、 そのための時間を最も多く使うことです。 そうすれば、おのずと結果は出てきます。

★ ポイント 

体や頭に対して最大の時間を使うと、 体や頭は、よく動くようになります。 これは、当たり前といえば当たり前のことですが、 悩んだり、壁にぶつかると、わすれてしまいます。 例えば、 悩んでいる人は、そのための時間を割いているようですが、 そのさいている中身をわかりにくくしています。 具体的には、 ”悩んでいること”と、 ”悩んでいることを解決しようすること” は異なります。 この違いをわかるようになるために、 このコラムが書かれています。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科