心の悩み|疲れにくくなるコツ| 横浜

心療内科 横浜
動きを引き出すコツ(身体の最大の動き)
横浜 自己開発センター 執筆年2007年

★ 今回のテーマ

今回のテーマは、身体の最大可動域で動くときの効用です。  

★ ある営業マンの方の例  

ある営業マンのHさんは、 ストレスで疲労しやすいため、 この疲労しやすい状態を解消したいと話していました。 さらに、 「毎日歩いていますから、運動不足はありません」とのこと。 それで、 「心理的なストレスを解消したい」、 「体は、病気でもないし、弱くもありません」 とも訴えていました。 彼は、病院で診てもらいますと、 特別な病気でないといわれています。

彼は、一般にいう、体が弱いわけでもありません。 それでも、彼は疲労しやすいのです。
そこで、彼に体験してもらった方法は 単純にいえば、前屈のポーズを1週間行うことでした。 そして、1週間後、 彼いわく、「疲れなくなってきた」と話していました。

★ポイント 

ここでの内容の原理は、簡単なことで、 彼は、体験によって、可動域を広げて、
結果として 背中のコワバリと脚のコワバリを解消することで、 疲労しにくくなったのです。

人は、一般に 生活の中で体の特定の範囲を動かしていても、 十分に動かしているとは言えません。 そこで 日常生活の中で、時々 最大可動域で、身体の動きをつくることが大切です。

★参考に 

Hさんの場合は、前屈のポーズを行いましたが、 すべての人にこのポーズが当てはまるとは限りません。 ですから、 自分の行うときは、日常生活の中で、 動きの少ないところ、小さいところをさがして、 ポーズを行うことです。

電話

横浜 心療内科 心の悩み相談 自己開発センター
〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951

横浜 心療内科  メニュー

無料セミナー

体験談線受付時間線スタッフ挨拶線お役立ちコラム線

横浜 心療内科 様子 

自己開発センターのビル。
お弁当屋さんが目印です。

心療 内科
ビル入口に、自己開発センターの看板があります。
写真
エレベーターで3階へお上がり下さい。
精神科
エレベーターを降りた左手に、自己開発センターがあります。
写真
入口すぐの受付け。
写真
相談室精神科
相談室心療内科
体験室精神科